contents : home
 彼 女 と の  間 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
Last up date 2005.10.08


―――――――――――――――――――――――――――
たとえば「青春」なんて季節があるとすれば、
僕にとってはまさしく「彼女との時間」がそれであったのだと思う。

三瀬春陽(みつせ はるひ)と僕、佐久間晃也(さくま あきや)。
毎日を繰り返すだけの高校生活で、僕は彼女によって、日常を揺さぶられた。


繊細で、脆くて、臆病で、ずるくて、強かで、不可思議で、眩しい・・・


それは未来からほんの少し逃げて、ほんの少しずれた時間の共有。
―――――――――――――――――――――――――――


 図 書 室       *彼女がここに来る理由(04.04.01)  
 優 等 生       *君の中のもう一人の君(04.05.05) 
 偽 善         *言い切る君の想いは?(04.05.12)
 食虫植物       *彼女の前世に捕まえられる(04.06.09)
 ボランティア      *いつもと違う彼女(04.09.22)
 焼きそば        *切ない気持ちをどこかで隠して(04.11.20)
 突発性登校拒否   *知りたいけど知りたくない(05.10.08)