shooting moon novel contents                             home


の作品は大人表現(R18)が含まれますのでご注意ください。


「SSC」series
恋火   
この恋の火はいつでも消せるのだと思っていた。
彼女のいる「あなた」を何度もあきらめようとしているのに・・・。
2003.11.1完結 (原稿用紙250枚程度)
――――――――――――――――――――――――――――――
禁断の果実
「男」と「女」を意識させる「禁断の果実」をアダムとイブはどうして食べたのだろう・・・?
あの日から、壊れてしまった友情は、もう元には戻せないのだろうか。
2003.12.17完結 (原稿用紙300枚程度)
――――――――――――――――――――――――――――――
TEAR
いつのまにか目が離せなくなった。他の男のために涙を流す君から。
2004.1.31本編完結 (原稿用紙300枚程度)
2005.2.10続編完結 (原稿用紙300枚程度)
――――――――――――――――――――――――――――――
終恋
恋に終わりがあるのなら、教えて欲しい。
(「恋火」続編になりますので、本編を先に読まれることをお薦めします。
「禁断の果実」「TEAR」も一部ネタばれ含みますのでご注意ください)
2004.8.12完結 (原稿用紙600枚程度)
――――――――――――――――――――――――――――――
永遠の絆
恋よりも愛よりも深く横たわる、絆の向こうに何があるのか。
2010.9.10完結 (原稿用紙350枚程度)
――――――――――――――――――――――――――――――
恋鎖
「終わらない恋をしよう」そこからはじまった、二人の恋。
(「恋火」「終恋」の続編になりますので、本編を先に読まれることをお薦めします)。
2013.7.5完結 (原稿用紙400枚程度)
long stories
マリオネット
無理やり別人にさせられながら、いつしか自分から望んでいた。
そうすればあなたは見つめてくれたから。
たとえあなたの目に、私が映っていなくても・・・。
2003.11.19完結 (原稿用紙380枚程度)
―――――――――――――――――――――――――――――― 
 「終わり」がくる、その日まで
「名前を教え合ったとき、僕たちの恋をはじめよう」
「会いたい」その気持ちだけで、名前を教えずに重ねた逢瀬。
過去の恋を乗り越えた時、次の恋が始まる。
2015.12.27完結 
moonlight novels 
***投稿サイト掲載作品です***(投稿サイトへとびます。「流留」名義です)
 ――――――――――――――――――――――――――――――
イツカの君と
 金曜日の夜に突然部屋に訪れたのは、年に一度しか会わない彼女だった。
2014.2.5完結 
―――――――――――――――――――――――――――――― 
 線香花火(アルファポリスのサイト掲載作品)
 「線香花火は恋に似ている」
過去の恋に囚われながらも、彼に会いたい、そう思う。
2015.3.14完結
―――――――――――――――――――――――――――――― 
 君は僕を好き
「君は僕を好きなんだろう?」」
二年前に終わったはずの恋が、その一言で引き戻された。
2016.11.25完結 
middle stories
second position
誰かの「二番目」それが私のポジション。
誰かの「一番」になれる日はくるの?
 2013.1.19完結(原稿用紙200枚程度)
―――――――――――――――――――――――――――――― 
 恋、じゃない
これは「恋じゃない」……そう言い聞かせるほど「恋をしました」
(「恋、マワル」に出てくるカップルの続編になります。
本編を先に読まれることをお薦めします)。
 
 2014.8.19完結 
short stories
イブの約束
「イブの約束」を交わした二人が「イブに約束」を交わすまでの一年。
(短編連載みたいな感じになっています)
 2005.9.1完結 (原稿用紙8〜15枚前後)
――――――――――――――――――――――――――――――
彼女との時間
平穏に続いていく毎日の中で、「彼女との時間」だけが僕を揺さぶる。
それは、ほんの少し逃げて、ほんの少しずれた時間の共有。
高校最後の年。
最終更新日 2005.10.8(一話完結型不定期短編連載)
――――――――――――――――――――――――――――――
恋、マワル
人の気持ちはぐるぐるまわる。
恋も一緒にぐるぐる、まわる。
2009.3.10完結 (短編連載)